Food, Photography, Travel, Japan

Pinhole Photo Festival in Kyoto Now On 「ピンホール・フォト フェスティバル 2009, Kyoto」 を開催いたします

ピンホール・フォト フェスティバル 2009, Kyoto

For lovers of pinhole photography this is a bumper month in Kyoto. The Pinhole Photographic Art Socirety presents a host of shows and events throughout the city. And on June 6th at the Kyoto Arts Centre, brilliant photographer Hosoe Eikoh will be participating in a pinhole symposium. Admission to the majority of events is free.

2009年度のPPAS最大のイベントとして、2009年5月11日(月)から6月11日(木)まで

「ピンホール・フォト フェスティバル 2009, Kyoto」 を開催いたします。

f:id:Johnnobi:20090522185030g:image f:id:Johnnobi:20090522190333g:image

計画の概要は以下の通りです。

今後、詳細情報を順次流していきます。

フェスティバル 実行委員会

1. 名称

大会正式名称

和文表記:「ピンホール・フォト フェスティバル 2009, Kyoto」

英文表記:「Pinhole Photographic Art Festival 2009, Kyoto」

f:id:Johnnobi:20080208085512j:image f:id:Johnnobi:20090522185050j:image

2. 主催

ピンホール写真芸術学会(PPAS)

(共催:京都芸術センター(京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2))他

3. 期間

2009年5月11日(月)から6月11日(木)まで

f:id:Johnnobi:20090522190600j:image

4. 実行委員会

委員長:徳永 隆之

委員:庄 治政、星野 倫、兵庫一嘉、横井真紀、坪口晄弋、矢鳴裕見雄

実行委員会事務局:合津 文雄、椎木 茂雄

5. 催し

5.1 展覧会

■on deaf ears エリック・レナー&ナンシー・スペンサー展

5月19日(火)~6月7日(日)

京都芸術センター

http://www.pinholeresource.com/shop/shop?page=shop.product_details&category_id=6&flypage=flypage.tpl&product_id=39&vmcchk=1

f:id:Johnnobi:20080119100546j:image

Nancy Spencer and Eric Renner’s great ‘on deaf ears’ is being exhibited at the Kyoto Arts Center.

■「微光の描写」-ピンホール写真の可能性を探る-

河井菜摘、徳永好恵、比嘉良治、ステファノ・バンディーニ

5月19日(火)~6月7日(日)

京都芸術センター

http://www.kac.or.jp/exhibition/pinhole_photo_festival2.html

f:id:Johnnobi:20090522181812j:image f:id:Johnnobi:20090522181809j:image

The image on the left is part of Stefano Bandini’s exhibit. On the right is Tokunaga-san’s piece.

■ピンホール写真展2009

鈴鹿芳康展 渡辺信夫展 徳永隆之展 F・ゴーツ展 京都工芸繊維大学学生作品展

5月11日(月)~5月20日(水)10:00~17:00(ただし入館は16:30まで)

京都工芸繊維大学・美術工芸資料館

■PPAS特別企画展ゾーンプレート写真の世界

矢鳴裕見雄「Labyrinth」 大塚努「Streets」

5月19日(火)~5月24日(日)12:00~19:00(最終日は17:00まで)

Gallery i

f:id:Johnnobi:20090522181445j:image

Check out my friend Yanaru-san’s work using a Zone Plate camera.

■PPAS会員展2009

青木 隆幸 JOHN ASHBURNE 市橋康治 伊吹菁治 小川明夏 置田貴代美 

倉石馥 庄治政 杉本康雄 関本恵子 瀬野里美 田中孝 寺東榮爾 

中村充 原田憲一 東谷一矢 深井美貴子 星野倫 森ハルト 横井真紀

5月26日(火)~6月7日(日)12:00~19:00(最終日は17:00まで)

Gallery i この会員展は、6月後半、長野県安曇野市に巡回予定です。

f:id:Johnnobi:20090522180652j:image f:id:Johnnobi:20090522183554g:image

f:id:Johnnobi:20080418113922j:image

The image on the left is from our last exhibition at Gallery i. The one on the right is a pinhole self-portrait that I took in Borubudur, indonesia. That won’t be in the show this time. It’ll be an even funkier one.

■INTERFACE~異なるものを結び付けること~

浅野久男 一適庸子 エドワード・レビンソン 林敏弘 濱田トモミ 藤井智枝 

渡辺信夫 矢鳴裕見雄 ジェフチャップリン 長岡誉治

6月6日(土)~6月11日(木)9:30~18:30

エイエムエスギャラリーAB2会場

This is Asano-san’s image from the last time he came down to Kyoto from Hokkaido.

f:id:Johnnobi:20090522185511j:image

■ジョイント展覧会

ジェフ・チャップリン写真展

Geoff Chaplin’s gum bichromate works are on display at Shina Gallery.

6月5日(金)より6月28日(日)

ギャラリー‘品’「SHINA」

http://www.geoffgallery.net/

f:id:Johnnobi:20090522182930j:image

5.2 イベント

■【ワークショップ「デジタル・ピンホール」】

** 中止 ***

■【シンポジウム】

京都芸術センター・講堂

テーマ:「ピンホール写真の今日的意義」

パネリスト:

細江英公

屋代敏博

河井菜摘

徳永好恵

比嘉良治

ステファノ・バンディーニ

Symposium and powerpoint presentation. Watch Stefano rub shoulders with the legendary Eikoh Hosoe.

f:id:Johnnobi:20010726174447j:image

ウィングス京都

■【中島デコ・マクロビオティク ワークショップ】

ウィングス京都

5月29日(金)午前10:30~15:00

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s